thebeltingpot.com

面接室に入るまでも見られています

最終面接まで進んだのに不採用の理由

面接室に入るまでも見られています 1次、2次面接は、人事担当者と現場担当者から高く評価されてクリアしたものの、最終面接で不採用になるケースは少なくありません。最終面接にあたる経営者や役員が慎重すぎるという側面ももちろんありますが、面接対策が不十分だったために採用を見送られることも多々あります。

「配属予定先の上長から太鼓判を押されたから内定確実。最終面接といっても顔合わせ程度の位置付けだろう」と思い込んでいる方もいらっしゃいますが、それは大きな誤解です。最終面接で不採用になる理由としては1次、2次面接の受け答えとズレがある等です。

転職の理由や志望動機に一貫性があるかも注目されるポイント。1次、2次面接で話してきたことと最終面接で話す内容に食い違いがあると、同席している人事部の担当者が不信感を抱きます。面接のプロは、同じ意図の質問を、前回とは異なる聞き方で投げかけてきます。それでも答えがブレることがないよう、自分にとっての軸をしっかりと認識しておくことが大切です。特に複数の会社の面接が同時に進行している場合、どの応募先でどんなことを話したかが分からなくなる場合もあります。1次、2次面接の終了後には、何を聞かれてどう答えたかをメモしておき、次の面接の直前に確認すると良いでしょう。

Copyright (C)2019面接室に入るまでも見られています.All rights reserved.